メインおかず

5つのポイントで旨味きわだつ!【そぼろ弁当】の作り方とそのコツ

こんにちは。毎日のお弁当作り、お疲れさまです。

今回は「そぼろ弁当」を作ってみましょう。割合に簡単に作れて、お弁当の人気メニューですが、こんなお悩みはありませんか。

 

そぼろ弁当って簡単に作れるけど、いまいち味が決まらない

そもそも「ひき肉」っていろいろあるけど、「そぼろ」にするにはどれを使ったらいいの?

 

旨味きわだつ5つのポイント「そぼろ弁当」

 

それではさっそく、見ていきましょう!

肉そぼろのポイント

  • その1:火を付けないうちに材料を入れる
    その2:菜箸4本を使う
    その3:5分間、煮詰める

炒り卵のポイント

  • その4:最初は中火で、固まってきたら弱火
    その5:4本の菜箸を使う

 

ポイントを押さえて作ると、お肉の旨味と味付けがしっかり味わえる「そぼろ弁当」ができますよ!

鶏・豚・牛・合いびき・・どれを使ってもかまいません。それぞれに味わいが異なります。売っているタイミングや価格を比べて購入したり、食べ比べてみても良いでしょう。

買うときに注意したいこと
ひき肉はとても傷みやすいです。新鮮なものを購入しましょう。

1、肉の色がきれいなもの(赤っぽいもの)
鮮度が落ちると、黒っぽくなってきます。

2、ドリップの無いもの
ドリップとは、鮮度が落ちると肉から出てくる液体のことです。白いトレーの下のシートに色が赤く付いてしまっているものは避けましょう。

 

 

スポンサーリンク

忙しいワーママにぜひおすすめ♪コロナ禍の今だから流行っています!

夕食材料宅配サービス「ヨシケイ」(私も利用して3年目です)

  • 毎日届けてくれるので便利
  • 「余計なお買い物」が減るから、結局「節約」できる
  • 調理時間 約20分でできる
  • プロの栄養士が考えた豊富なメニューなのでお料理の勉強にもなる!



 

「そぼろ弁当」の作り方   (調理時間約15分)

材料 : 2人分

【 肉そぼろ 】
ひき肉・・・200g
砂糖 ・・・大2
酒・・・大2
しょう油・・・大2
しょうがチューブ・・・お好みの量

 

【 炒り卵 】
卵・・・2個
砂糖・・・大1
みりん・・・小1
しょう油・・・小1

作り方【肉そぼろ】

1、フライパンに火を付ける前に、ひき肉・調味料をすべてフライパンに入れます。(最初から火を付けてしまうと、ひき肉に味が馴染まないうちに火が通ってしまいます。)

 

2、強めの中火にして菜箸4本を使って、グルグルと回しながら炒め煮ます。

 

3、火が通って煮汁が出てきたら、弱めの中火してグルグルします。

 

ここから5分間グルグルします。ちょっと長い時間かもしれませんが、我慢してグルグルしましょう。お肉の旨味を閉じ込めて、煮詰めることによって味が馴染みます。

 

4、煮汁が煮詰まったら完成!(ちょっとくらい煮汁が残っていても大丈夫です)

肉そぼろのポイント

  • その1:火を付けないうちに材料を入れる
    その2:菜箸4本を使う
    その3:5分間、煮詰める

 

作り方【炒り卵】

1、卵に調味料を加えてよく溶きます。

 

2、フライパンに油を敷いて中火で熱します。そこへ溶いた卵液を入れて、4本の菜箸でグルグルします。菜箸を4本使うと、細かくパラパラになります。

 

3、固まってきたら、火を弱めにしてさらにグルグルかき混ぜます。

4、できあがり

炒り卵のポイント

  • その4:最初は中火で、固まってきたら弱火
    その5:4本の菜箸を使う

 

お弁当に詰めて、できあがり!!

できあがった「肉そぼろ」と「炒り卵」を詰めていきます。ご飯をお弁当箱に詰めて、そぼろ、炒り卵を詰めます。その次に他のおかず、すき間を埋める野菜など・・の順番に詰めます。大きなものから順番に詰めるということが鉄則です。

そぼろ弁当のできあがりそぼろ弁当のできあがり

 

 

まとめ:5つのポイントのおさらい

今回は、旨味きわだつ5つのポイントを押さえた「そぼろ弁当」作りを見てきました。肉そぼろのポイントが3つ、炒り卵のポイントが2つでしたね。

肉そぼろのポイント

  • その1:火を付けないうちに材料を入れる
    その2:菜箸4本を使う
    その3:5分間、煮詰める

炒り卵のポイント

  • その4:最初は中火で、固まってきたら弱火
    その5:4本の菜箸を使う

ポイントをしっかり押さえて作ると、お肉の旨味と味付けがしっかりとした「そぼろ弁当」になりますよ。

ちょっとだけ手間をかけて、美味しい「そぼろ弁当」を作ってみてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。下のランキングボタンを押してくださると、作者の励みになります!それではまた。

ABOUT ME
れい
お料理でのおもてなしが大好きな主婦です。小学校5年生頃からキッチンに立ち、働く母の代わりに卵焼きやカレーを作っていました。主婦歴20年。現在、大学受験を控えた高校2年生の息子のために、朝4時半に起きてお弁当を作る日々を送っています。